目覚町自治会ホームページ

3月回覧板の配布準備完了と直近での出来事

町内

3月度回覧板と長崎市「広報ながさき」、長崎県の「つたえる県ながさき」の配布準備を完了し総務担当者へ届けた。月末には各組長、月初めには会員宅へ配布される。

2月18日(金)に「長崎市GoTo自治会応援事業費補助金」から消耗品購入費の交付申請を行ったが、24日(木)に交付決定の通知が届いた。「新型コロナウィルス 抗原検査キット(抗原検査ペン型デバイス)」25個分、金額にして35,000円(実際は35,750円だが千円未満は切り捨てとなっている)の交付である。市の事業実施期限が3月7日までなので、茂里町薬局に発注して、3月3日(木)納品、4日には市へ実績報告書の提出を行う予定とした。4月の目覚町自治会総会、その準備等に向けて新型コロナウイルス感染症予防対策として活用したい。

28日(月)は、昨年の11月から取り組んでいる(地域の助け合いのしくみ)「ささえあいマップ」の素案ができたので市との打ち合わせを行うこととなっている。
災害時などのいざというときに備えて、一人で避難できない方(要支援者)や、そのかたの避難をお手伝いする方(支援者)などの情報を記載し、地域でささえあう体制を表示した地図を作るものだが、民生委員の溝田さんと厚生部長の岡田さんと話し合って素案を作った。市の方でこれを元に「目覚町ささえあいマップ」の案を作成してくれるとのこと。4月の総会で発表して正式に決定したい。

コメント