目覚町自治会ホームページ

12月行事と来年から成年年齢が18歳へ引き下げについて(2002年4月1日から)

町内

令和4年用「新生活門松カード」が届いた。例年、長崎県新生活協議会より購入して12月の回覧版で配布している。今年は昨年同様の48組(96枚)を発注した。門松カードを見ると年末感が強くなる。

夕方、会計部長に4,800円の振込用紙と、目覚地区集会所の運営費5,000円の出金依頼を行った。
目覚地区集会所の運営費5,000円は、毎年12月の第3日曜日に行われる大掃除の後で、4町それぞれが負担することになっている。(ここ数年は黒字なので当面は運営費の値上げはなさそうである)
今年の大掃除は12月19日(日)9時30分より行われ、目覚町からは4名が参加する。

来年1月の予定は、新成人へのお祝い金進呈と消防団第四分団出初め式後の式典参加が予定されていたが、新成人は該当者はなく、出初め式後の式典は今年も中止となった。

ところで、成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」が2022年4月1日から施行される。
2022年4月1日の時点で、18歳以上20歳未満の方(2002年4月2日生まれから2004年4月1日生まれまでの方)は、その日に成年に達することになる。
2004年4月2日生まれ以降の方は、18歳の誕生日に成年に達することになる。

法務省ホームページより
https://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00238.html#1

コメント