目覚町自治会ホームページ

山王神社へ参詣し御初穂料をお供え

その他

本日(10月17日)は本来であれば「山王神社例大祭(浦上くんち)」斎行の日である。
今年もコロナの影響で中止となってはいるが、目覚町自治会からの「御初穂料」をお供えに11時頃に参詣した。
朝から秋晴れの気持ちの良い天候ではあったが、境内には参拝客は一人もなく静かな様子だった。来年の「山王くんち」斎行に期待したい。

帰りに1本柱鳥居を望む階段横の写真屋さんで被爆後に残った、無傷の「一の鳥居」の写真を見た。神社に4基あった鳥居の内被爆後に残ったのは2基だけであったが、無傷で残った一の鳥居は昭和37年に交通事故で倒壊したとのことであった。
1本柱鳥居は山王神社の「二の鳥居」であったとのこと。近いうちに倒壊した「一の鳥居」跡地を訪れたい。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

10月19日、山王神社の「一の鳥居」があった場所に行ってきた。自宅から徒歩3分ほどの場所であったが今まで全く気がつかなかった。壊れかけの「山王神社一の鳥居銘板」があるだけで、名残はなかった。原爆では無傷であったが、その後の事故で倒壊したことや「二の鳥居(一本柱鳥居)」が被爆建造物として有名なのでここに予算は付けられなかったのだろうか。少し残念である。

コメント