目覚町自治会ホームページ

令和3年度、敬老お祝い金と記念品贈呈

町内

「敬老の日」は(私の中では)9月15日との印象が強く残っていたが、今年は9月20日(月)である。
調べてみると、2002年(平成14年)までは9月15日だったが、祝日法改正によって9月の第3月曜日となっている。そして「敬老の日」の始まりは1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村が主催した「敬老会」とあった。
9月15日を「としよりの日」とし55歳以上の人を対象に敬老会を開催。55歳から?昭和20年代当時は55歳以上が敬老の対象だったとは驚きである。現代に当てはめると何歳であろうか?65歳?70歳?

目覚町では敬老の会は催さないで、満70歳以上の正会員にお祝い金と記念品を贈呈している。(記念品は平成24年度収支決算の赤字を機に中止としていたが今年復活した。)今年は19世帯の会員が対象となった。

敬老の日の趣旨は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことである。
コロナ禍にあって家族以外の人が集う場が制限されている。早くコロナが落ち着いて、老人が安心して住める町に戻って欲しいと願うばかりである。

コメント