目覚町自治会ホームページ

目覚町4番地、側溝内からの油臭問題について

町内

昨日、4番地のIさんから住居前の側溝から油臭がするとの相談があった。聞けば3日前の金曜日からとのこと。(私の住まいの12番地周辺は、通りを1本隔てた所で、ここから茂里町電停に走る側溝には油浮きも臭いも全くなかった。)
すぐに岡田前会長と現場に行き、確かに側溝の内部に油らしきものが浮いているのと油臭を感じて市に相談した。

夕方になって環境政策課から報告を受けた。
1.この件は上目覚町や新目覚町からも相談があったようで、昼頃に市の担当者が現地を確認していた。週末には消防も出動していた。
2.臭いの原因は目覚町下りバス停から200Mほど坂を上った市営アパート付近の水路に、誰かが灯油か何らかの油系を流したようだとのこと。
3.市の担当者は発生現場から下ったバス停近くの側溝で油浮きと臭いを確認。私が確認した側溝はそこから50Mほど茂里町寄りである。

結論として、誰が故意に流したのか、事故なのかは不明だが多分灯油らしいとのこと。水路に流した油が流れきらないで目覚町4番地付近(平地になっている)に残留しているようだとのことであった。
現場での確認中に、岡田前会長から数日前に上目覚町、新目覚町周辺で油臭がしたことから、新目覚町自治会長が通報したらしいとの話を聞いた。おそらくこれが消防の出動だろう。

発生から3日が経過してもまだ側溝から油臭がしていると言うことは、当日の発生現場周辺はさぞ大変だっただろうと考える。Iさんは数日間窓を開けられなかったとのこと。植物油系の調理用の油でさえ排水口から流すことはNGである。ましてや灯油や他の油を水路に投棄とは以ての外である。
こういう時に防犯カメラの必要性を感じる。

コメント