目覚町自治会ホームページ

防犯カメラ設置について(2)

市役所

市の補助金を利用した防犯カメラ設置について、5月14日に「令和3年度防犯カメラ設置意向調査票」を提出。その後、市から設置予定場所の現地確認をしたいとのことで、昨日(3日)15時よりの実施となった。市からは自治振興課の担当者が2名、目覚町は岡田前会長と川口が立ち会った。
ちょうど雨が激しくなった時間と重なり、ずぶ濡れになりながらの確認となった。

今回(令和3年度)の案件には20町ほどが申込みを行っているそうで、予算の都合で実施予定はその半数とのこと。補助金は1台のみの最大20万円(1台あたりの価格は40万円)。価格は、市の事前調査で信頼できる機器の費用としてはこれ位は必要とのことであった。
設置場所については、NTTや九州電力の電柱にも前例があり(交渉次第で)可能であることがわかった。

目覚町としては防犯カメラの設置は緊急の案件ではないので、必要としている町を優先して欲しい、その判断は市にお任せすることを伝えた。

コメント